東北太平洋沖地震による被災者の皆さまへ心よりお見舞い申し上げます。

わが武雄市においても皆さまの受け入れがはじまりました。

近県のボランティア団体さんは、被災ペットのレスキューに出発されました。 

皆さまの今後の安全と復興を心よりお祈りいたしております。  

 

現在武雄市では、ペット同伴避難と被災犬の受け入れをしています。
ぜひお問い合わせください。

 

【武雄市役所ホームページ】
http://www.city.takeo.lg.jp/gabai_news/2011/04/post-412.html
【武雄市長のtwitter】 
http://twitter.com/#!/hiwa1118

【武雄市長のブログ】

http://hiwa1118.exblog.jp/



             

骨と皮、やせ細り衰弱した長毛の白猫

 

2010年12月12日

この日、ボランティアAさんとBさん、それからNPO法人 アニマルウイング代表のY先生とで噂の某公園を調査に行かれました。

そしてガリガリにやせ細り衰弱しきった白猫を保護しました。

「猫に餌を与えないでください」という市の立てた看板の下に座り込んでいた白猫は、差し出した餌に飛びつき、驚くほどの勢いでたいらげ、有無をも言わさず餌の置かれた捕獲器へと入っていったそうです。

 

 

コピー・転載・リンクフリー
コピー・転載・リンクフリー

 

 

Aさんたちは猫たちの情報を聞き取りに公園周辺を歩きました。

公園にはいつの頃からか野良猫たちが増え、周辺住民の中には引越しの時に猫を置いていった人がいることもご近所の方が教えてくださったそうです。

Aさんは、この日保護した白猫こそがその引越しで置いていかれた猫なのではないかと感じました。

なぜなら今では別の人が住むその家の近くに、まるで飼い主を待つかのように白猫がジッと座り込んでいたからです。